LB10周年パーティーの様子


Learny Birds"LB" はEarly Bird(早起きする人)から作った造語で、「早起きして勉強する人たち」という意味です。

毎週朝7時から東京と名古屋のカフェなどで勉強会を開催しており、勉強テーマはビジネスから、政治・経済、社会、英語、スポーツ、趣味、自己啓発までとさまざまで、
参加者も学生から社会人まで多様なバックグラウンドの人々が集まっています。カフェをお借りしての勉強会ですので、参加費用は「飲食代のみ」と気軽に参加出来ることも特徴です。

複数のチームがあり、それぞれが特色を持って活動をしています。お気軽にご参加ください。詳しくはHP内に記載してありますので是非ご覧ください。



直近のイベントはありません。
イベント開催が決まり次第、発表します!!
方法1:下記勉強会情報の問い合わせ&参加希望リンクから申し込む
方法2:メーリングリストへ届いた情報から参加希望を出す

メーリングリスト登録は下記から直接行うことができます。
メールアドレスを入力し、「参加」ボタンを押すとfreeMLから参加確認のメールが届きます。

大手町エリア 
開催日時:2017/11/27(Mon) 7:00〜
タイトル:外堀の外側は江戸の辺境。イノベーションと新しいビジネスが生まれるところ。
「外堀を埋める」と言う表現があります。敵の城を攻めるには、まず外側の堀から埋める。転じて、ある目的を達成するためには、周辺の問題からかたづけていくことを意味します。

様々なビジネスシーンにおいて、また私生活においても、本丸に攻め入る前に「外堀を埋める」ことは極めて重要です。いきなり本丸から攻めたら、和睦の機会を逃し、たとえ結果的に勝ったとしてもこちらの被害も甚大。

さて、JR中央線の四ツ谷駅から御茶ノ水駅にかけて、電車は水辺を走ります。この水辺、一見ただの池のようですが、実は江戸城の外堀。「外堀を埋める」の外堀です。江戸城はこの外堀があるから日本一の城。

江戸城のこの外堀、ただ単に城の内側と外側を隔てるだけの役割ではありません。外堀の外は江戸のフロンティア(辺境)であり、イノベーションと新しいビジネスは辺境で生まれます。今回は、そんな江戸城外堀とイノベーション・ビジネスの関係を紹介します。
お申し込みはこちら → 参加申し込み
大手町エリア 
開催日時:2017/11/27(Mon) 7:00〜
タイトル:会計検査報告から日本の財政を考える

先日、「学校法人森友学園に対する国有地の売却等に関する会計検査の結果について」を報告して世間を賑わせた?会計検査院ですが、この報告の2週間前に「平成28年度決算検査報告」を公表しています。

今回は、この報告の中から「国の財政健全化への取組について」と「量的・質的金融緩和等の 日本銀行の財務への影響について」を取り上げて、今後の日本の財政の行方を読み解いてみましょう。
お申し込みはこちら → 参加申し込み